RSS
Admin
Archives

こかげで ひとやすみ in SAN JOSE

2010年 7月から旦那の海外赴任に伴い、アメリカ CA州 サンノゼに双子を連れて引っ越してきました。 こちらでの毎日の生活を、記録に残しておきたいなぁ~とブログに挑戦..._〆(゚▽゚*)

プロフィール

トムジェリママ

Author:トムジェリママ
家族構成:純日本人4人家族です。
     旦那サマ
     私(トムジェリママ)
     ニックネーム:トム(7歳息子)
     ニックネーム:ジェリ(7歳娘)
  
アメリカでの家族4人のドタバタ日記をつれづれと。
新しい出会いがありますように。
※日本のジジババへ、子どもの様子を知らせるため始めたブログなので、トム・ジェリの写真が多くなっています。

いくつになったの?
 
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも一覧

杏’s mam
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
TOEICボキャドリル(わんこ版)

リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01
30
Category : 子ども
ジェリの体調不良から始まった、我が家の病気。
片方が元気になったと思ったら、やはりもう一人が病気になるのは双子(兄弟)の定めなのか。

トムは吐きはしないものの、カラッ咳が一向に治らず、咳のせいで熟睡できず、なんとなく元気がありませんでした。
元気になったジェリは遊びたいばっかりで、騒がしい。←2週間前と逆転。

私と旦那も暖かい気候のせいか花粉症の症状が出ていて、皆体がだるくなっていました。
トムの咳も、もしかしたらアレルギーかも!?と風邪薬ではなく、アレルギーの薬を飲んだら咳は治まったので、学校がお休みだった金曜日、いつも遊んでいるプレイグループの公園遊びに参加しました。
が、トムの様子がおかしかったので、ジェリだけ他のママ友に預けて、家に帰ってきました。

トムは38℃前後の微熱があったので、家で寝ておりました。

ジェリは公園遊びが楽しかったらしく、「散歩もしたよ!」「○○ちゃんの車で送ってもらったの^^」と、ニコニコ大満足で帰ってきました。←母は、一人で大丈夫かな?他のママ友に迷惑かけていないかな?と心配してましたが、全くその心配はいらぬものだったよう。(ココで使おう、親の心子知らず。)

その夜、ジェリが「耳が痛いようぅぅぅ~」と大泣き。相当痛がっていたので「中耳炎かも!!」と思い、旦那にエマージェンシーに連れてってもらいました。(夜10時)
が、家で飲ませた鎮痛剤が効いたらしく車中で寝てしまったので、ERには入らず帰宅。
理由は①ERでインフル患者さんと接するのを避けたかった。
    ②夜遅く、長時間待たされるのが嫌だった。←3~4時間はざら(と思う)
    ③翌日の土曜日もやっている日本人のお医者さんに診てもらった方が、先生の言ってる事が理解出来て安心だから。


翌土曜日、ジェリを診てもらうついでに、トムも予約を入れて病院へ行ってきました。

結果… ジェリ : 耳垂れと思われる。耳垢がごっそり。湿って膨張していた。中耳炎ではなかった。ほっ。
     トム  : 気管支炎ぽいねぇ。えっ?!

「火曜日にもう一度、診せに来て下さい。」と言われ、San Mateoまで母の運転で行く予定。ビクビク。

我が家の双子、同じ咳をしていても全く種類が違うらしいです。まぁ一卵性ではないからねぇ@先生。
トムの方がゼロゼロしてて、気管支が弱い。


咳をしていたのにトムを公園に連れて行った私の浅はかな行動、ジェリの耳掃除をしていなかったことに、とても反省するとともに親失格だなと落ち込みました。▄█▀█●

他にも、ジェリを公園に置いてってよかったのか?夜のERで診てもらった方がよかったのか?
要所要所での判断は間違っていなかったのか、親としての決断は正しかったのか、、、後から、こうすべきではなかったのかと考えることばかり。

熱はないから、本人は元気だから、食欲はあるから、、、と、日本でも少しの事では病院へ連れて行きませんでした。
でも今回の「気管支炎っぽいねぇ。」の先生の言葉にはショックでした。
そんなに酷かったの?もっと早く医者に罹って診てもらっていれば、こんなに苦しまなくて済んだかも。。。と。

今まで大きな病気にかかることもなく、5歳まで順調に成長してくれた子どもたちに、甘えていたところもあるかもしれません。(渡米直後にジェリが腕を骨折したことぐらい)
親の都合で子どもに頑張ってもらっていることが多い今の生活、子どもにはほんとに頭があがりません。(その割に怒ることが多いですが…f(-ω-;))

薬を飲ませるタイミング、病院に連れていくタイミング、これからもその判断に悩まされることでしょう。
それでも決断して、親も子供も強くなっていくしかないですね。



最後になりましたが、
今回、元気だったジェリを公園で見ててあげるよ~、送ってあげるよ~と言ってくれたママ友だちや、
トムが学校を休んでいるのを知って、ジェリの送り迎えをするよ~と電話をしてきて助けてくれたママ友だちに、とてもとても感謝しています。じーん(TдT)
精神的にも助けられています。ありがとう~。(読んでくれてるかは?だけどももも。)

 








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。